【大人のデスク】インテリアレイアウトとデスク選びのコツを紹介!!

家具




こんにちは!Kanaです。

デスクってありますか?子どもの頃の勉強机と違って色々な作業をすることがあります。

デスクでノートパソコンをする人や、本を読む人、勉強をする人などデスクでやっていますか?デスクの選び方について紹介していきます。

今回は、『【大人のデスク】インテリアレイアウトとデスク選びのコツを紹介!!』と題して紹介します。




大人のデスク

子どもだけでなく、大人だって専用のデスクは欲しくなりますよね(^▽^)/

パソコンをしたり、書類を整理したり、本を読んだり、勉強したりなどやることは色々あります!

子どものデスクよりも、用途が多用になっている分、デスクの形状やデザインも多彩にありますよね♪

また、どんな目的で、どこに置き、何人で使用するのかも考えた上で購入を検討したいところです。

パソコンを置く場合には、パソコン専用デスクもありますが、昨今ではノートパソコンを使用する人も多いので、デザイン性も重視すると奥行きが45㎝前後のデスクにすると最適です!

さらに、手芸などをするミシンを置く場合には、奥行き60㎝必要になります。

デスクで何をするのか?

目的を明確にして適切なサイズのものを求めましょう!

個室にデスクを置く場合には、好みのデザインで良いのですが、LDなどのパブリック空間に置く場合には、まわりのインテリアと統一感を持たせた素材のものを選ぶように心がけましょう(^▽^)/

目的とともに、使う人数でデスクの大きさや置く場所も変わります。みんなで使うことを前提とするならLDに、1人で使うなら個室に置きます。

収納

目的に応じて、入れるものは変わってきます。パソコン机に本棚を、ミシン机には引き出しを、家事机には整理ラックを用意するなどすると機能的になります。

収納は、何を入れるのかを考えて必要な量の収納スペースを確保しておきましょう(^▽^)/

デスクコーナーのつくり方のコツ

デスクを1台置くだけで、自分だけの集中できる作業スペースが出来上がります。作業がはかどる楽しい空間を演出してみたいと思いませんか?

例えば、夫婦で楽しく使える機能的な作業デスクとつくるなら、ご主人はパソコンで仕事、奥さんはパソコンを隅に置いて裁縫をなど夫婦の用途に応じてフルに活用できる作業デスクになります。

まとめ

今回は、『【大人のデスク】インテリアレイアウトとデスク選びのコツを紹介!!』と題して紹介します。

パソコンをしたり、書類を整理したり、本を読んだり、勉強したりなどやることは色々あります!

子どものデスクよりも、用途が多用になっている分、デスクの形状やデザインも多彩にありますよね♪

また、どんな目的で、どこに置き、何人で使用するのかも考えた上で購入を検討したいところです。

パソコンを置く場合には、パソコン専用デスクもありますが、昨今ではノートパソコンを使用する人も多いので、デザイン性も重視すると奥行きが45㎝前後のデスクにすると最適です!

さらに、手芸などをするミシンを置く場合には、奥行き60㎝必要になります。

以上になります。

最後までご覧いただきありがとうございました!

 

タイトルとURLをコピーしました