イスの機能寸法と角度・体圧分布・クッション性について紹介!!

家具




こんにちは!Kanaです。

イスを買うときには、イスの機能を知っておくとあなたにとって適切なイスを見抜くことができます!

作業用のイスはあまり心地よさを考えずに買ってしまうこともあるかもしれませんが、ずっと使うもの・長時間使うものは、いいものが欲しいですよね(^▽^)/

今回は、『イスの機能寸法と角度・体圧分布・クッション性について紹介!!』と題して紹介します。




イスの機能寸法について

イスの座り心地を左右するのは、寸法と角度、体圧分布、クッション性が挙げられます(⌒∇⌒)

これは、作業用、軽作業用、休息用など機能や使用目的に合う姿勢を保つにはこれらの要素の組み合わせが大切になってきます。

イスにはさまざまな使用目的があるので、それに合った姿勢を保つためにはそれらの因子を適切に組み合わせなければなりません(^▽^)/

寸法と角度

イスに重要な寸法・角度については、座面の高さ、奥行きとその傾斜角度、背もたれの角度と背もたれ点の位置などの関係であります。

普通、イスは、作業用、軽作業用、休息用に分けられるが、これらについて寸法角度が移りかわっていく段階を、さらに細かく5段階に分けて示そうという支持面のプロトタイプの提案があります。

作業用から休息用になるのに従って、座面は後ろに傾いてかつ低くなること、背もたれは後ろに傾くとともに大きな荷重がかかるので、面積を大きくなっています。

また、背もたれが大きく後ろに傾いた安楽用のイスでは、頸部の筋肉の負担を減らすために頭部を支えるヘッドレストが必要になります。

イスに座ったときの人体各部の位置は、すべて座位基準点を原点に決まります(^▽^)/

イスの寸法や角度もこれを基点に前後・左右・上下方向に決めます♪

体圧分布

人体には、感覚の鋭敏なところと敏感なところがあります。イスの座面は鋭敏なところには小さな力が、敏感なところには大きな圧力がかかるようにつくられるのが望ましいですね(^▽^)/

それを知る手段として体圧分布図があります。

クッション性

作業用のイスでは、あまりクッション性はあまり要求去らないが、休息用のイスでは、クッション性が要求されます。

ただし、軟らかくすることよりも、休息のためには柔らかくすることよりも、姿勢を正しく保つことのほうが重要です(o^―^o)ニコ

良いクッションとは、その中に、軟、硬、軟の3種の要素を組み込んだ3層構造をもつものであります。

まとめ

今回は、『イスの機能寸法と角度・体圧分布・クッション性について紹介!!』と題して紹介しました。

イスの座り心地を左右するのは、寸法と角度、体圧分布、クッション性が挙げられます(⌒∇⌒)

作業用から休息用になるのに従って、座面は後ろに傾いてかつ低くなること、背もたれは後ろに傾くとともに大きな荷重がかかるので、面積を大きくなっています。

体圧分布は、人体の感覚の鋭敏なところと敏感なところがあります。イスの座面は鋭敏なところには小さな力が、敏感なところには大きな圧力がかかるようにつくられるのが望ましいですね(^▽^)/

作業用のイスでは、あまりクッション性はあまり要求去らないが、休息用のイスでは、クッション性が要求されます。良いクッションとは、その中に、軟、硬、軟の3種の要素を組み込んだ3層構造をもつものであります。

以上になります。

最後までご覧いただきありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました