インテリアのクラシックスタイルってどんな部屋のこと?3つのポイント紹介!!

インテリアスタイル




こんにちは!Kanaです。

インテリアのクラシックスタイルってちょっと憧れるスタイルだと思いませんでしたか?

わたしは、ヨーロッパが大好きで宮殿やお城も好きなので住んでみたいというよりは、その空間に1日・2日その場にずっといたいですね(^▽^)/

西洋のインテリア好きもあって広い宮殿のようなそれでいて重厚感のあり、装飾性もあるインテリアは、見ていて楽しいです(o^―^o)ニコ

わたしの中では、ハリーポッターとか、シャーロックホームズの部屋のイメージがパッと浮かびます。ベルサイユ宮殿とかも・・・。

今回は、インテリアのクラシックスタイルってどんな部屋のこと?3つのポイント紹介します。




インテリアのクラシックスタイルってどんな部屋のこと?

 

一般的には、ヨーロッパの歴史的宮廷インテリアのことで古典的なインテリアスタイルの総称をいいます。格調高いスタイルといえますね(^▽^)/

ロココ様式、バロック様式、クイーン・アン様式などがありますね(^▽^)

家具は、オークやマホガニーなど濃い色合いで細部に装飾的なものが多く、ファブリックは、様式にそったブラウンやエンジ、グリーンなどの色調のものが多用されています。

クラシックスタイルの3つのポイントを紹介!

古典的で重厚感と格式があるクラシックスタイルの3つのポイントを紹介します。

家具のカラーは重厚感のあるダークブラウンのものを選ぼう

家具は、オークやマホガニーなどの木材でできた濃い色合いのものを選んでください(^▽^)/

猫脚のものや彫など細部に装飾的なものの家具を選んでくださいね!!

テーブルやキャビネットなどには特に彫など装飾的なものにこだわると素敵になります!ソファ、チェアは彫などの装飾も大切ですが、こっちはファブリックも大切になります。

ほとんどが、アンティーク家具になるので値段と相談して作っていってくださいね(⌒∇⌒)特に、ソファは1つあるだけで素敵になるのでこだわって欲しいアイテムのひとつです!!

ファブリックにこだわりましょう

ファブリックとは、生地や織物などのことをいいます。ここでは、ソファ、チェア、カーテン、クッションについて紹介します。カーペットは別で紹介します。

ソファ、チェア、カーテン、クッションそれぞれに生地がありますよね(⌒∇⌒)その生地ひとつでクラシックスタイルを作っていけます。

クラシックスタイルには様式にそったブラウンやエンジ、グリーンなどの色調のものが多用されています。ですが、それにこだわる必要はないと思います!!好きな色で少しだけ重厚感を与える色がいいですね(⌒∇⌒)暗すぎる部屋も落ち着かないですしね!!

柄は、エレガントと同様で花柄やストライプのものを選んだり、ダマスク柄とかも素敵ですね!!

生地は、しっかりとしたものを選んでください!さわってみて、重たく感じるもの厚さがあるものがいいですよ(⌒∇⌒)

カーテンスタイルとカーペットにこだわりましょう

ヨーロッパの宮殿をイメージして下さい!!宮殿の窓にはカーテンがあります。そのカーテンをどんなものを思い浮かべますか?おしゃれなスタイルのものを思い浮かべた人もいるでしょうか?

カーテンスタイルには、さまざまなものがあります。クロスオーバーとかバルーンとかもいいですね!!

トップトリートメントのバランスにもこだわってみるのも素敵ですね。カーテンスタイルで重厚感アップさせてくださいね!!

もちろん、タッセルにもこだわって下さいね(⌒∇⌒)

カーテンスタイル例 バランス例

カーペットは、伝統的なものがいいですね(⌒∇⌒)花柄とかのものもいいですよね!!ちょっと幾何学なものもありますよね。ここでも、宮殿にあるようなカーペットを選んでくださいね!!

ウィルトン織とかかなぁ。

まとめ

今回は、インテリアのクラシックスタイルってどんな部屋のこと?3つのポイント紹介しました。

クラシックスタイルは、一般的には、ヨーロッパの歴史的宮廷インテリアのことで古典的なインテリアスタイルの総称をいいます。格調高いスタイルといえますね(^▽^)/

家具は、オークやマホガニーなど濃い色合いで細部に装飾的なものが多く、ファブリックは、様式にそったブラウンやエンジ、グリーンなどの色調のものが多用されています。

3つのポイントが少しでも参考になったなら幸いです!!

以上になります。

最後までご覧いただきありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました