インテリアに必要?環境問題と対策について簡単に紹介します!!

建築




こんにちは!Kanaです。

地球環境問題について考えたことはあなたはありますか?

環境問題の対策は、世界中で広がっいます。地球にいきる人類にとって環境問題はとても大切です。

持続可能な循環型社会を目指してがんばっていますよ♪

今回は、『インテリアに必要?環境問題と対策について簡単に紹介します!!』と題して紹介します。




環境問題って何?

地球上で発生している深刻な問題のことを環境問題といいます。

例えば、地球環境問題では、化石燃料などの大量消費によって二酸化炭素などの温室効果ガスが放出され、地球全体の気温の上昇や異常気象の発生の原因になっています。

ちなみに、化石燃料は、石炭、石油、天然ガスなどをいいます。

そして、フロンガスなどによるオゾン層の破壊も問題になっています。

環境問題の対策として

持続可能な循環型社会への移行、グリーン購入、省エネルギー対策、新エネルギーの開発が対策としてやっています!

持続可能な循環型社会への移行

持続可能な循環型社会は、再利用などによる資源の有効活用によって廃棄物の削減を目指しています。

廃棄物の発生を抑制するリデュース、再利用のリユース、再生利用するリサイクルは聞いたことがありませんか?!

3つのことを取り組むことを3R政策といいます。

生産活動から排出される廃棄物などを資源として活用する構想のゼロ・エミッションが提唱されています。

グリーン購入

2000年に制定された「国等による環境物品等の調達の推進等に関する法律」です。

環境へ負荷などをできるだけ少ない物を選んで購入することを進めています。製品やサービスを購入する前に必要性をよく考えて行動することが大事な環境対策です(o^―^o)ニコ

省エネルギー対策

自動車などでの移動や仕事場、家庭などで使われるあらゆるエネルギーを管理し削減することが求められています。

民間の二酸化炭素排出量削減を目指しています。

ちなみに、エコロジーは現在、環境にやさしい、環境に配慮しているという意味で用いられる。エコと呼ぶことが多いですね(^▽^)/

新エネルギーの開発

石油や原子力に頼っていた従来のエネルギーを新しいエネルギーに代替えしていく試みがなされています。

石油の代替えとして、バイオマスや太陽光発電、地熱発電、風力発電、雪氷熱の利用など実にさまざまなものがあります!

永久に利用できる再生可能エネルギーの開発が進められています(^▽^)/

インテリア・建築における環境対策

インテリア・建築の分野でも、環境対策が求められています。

省エネルギーで生産して、建物を長期的に利用することによって、廃棄物を削減することを大切にしています。

ライフサイクルコスト、サスティナビリティを目指していき、コンバージョンを考えることが代表としてあげられます。

ライフサイクルコスト

住宅の一生にかかる費用のことをいいます。建物であれば、設計~維持管理~解体・廃棄までの総費用を指します(^▽^)/

企画、設計、建設、その後の維持管理、修繕、耐用年数の経過により解体、廃棄に至るまでの流れをライフサイクルエネルギーとしてとらえ、そのすべてに要する費用をライフサイクルコストといいます。

製品や建物がつくられて廃棄されるまでの間に要する総コストをあらかじめ検討する必要があります。

維持管理のランニングコストを軽減し。省エネにつながる住宅建材や設備機器などについての情報収集をしておく必要があります。

サスティナビリティを目指す

建物を短期間で壊したり、環境に問題を与える廃棄物を出さないようにすることが重要になってきます。

家を建てるなどの活動が将来にわたって持続可能かどうかを示しています。

 

コンバージョンを考える

日本では、まだ一般化していないが、オフィスビルを都心型住居にするなどの取り組みが進められています。

リフォームの中でも、用途の変換がある場合をいいます。新築よりも改築で再利用を目指します(^▽^)/

 

ロハスという健康と持続可能型のライフスタイルを重視する考えが広まりつつあります!

 

まとめ

今回は、『インテリアに必要?環境問題と対策について簡単に紹介します!!』と題して紹介しました。

地球上で発生している深刻な問題のことを環境問題といいます。

例えば、地球環境問題では、化石燃料などの大量消費によって二酸化炭素などの温室効果ガスが放出され、地球全体の気温の上昇や異常気象の発生の原因になっています。

持続可能な循環型社会への移行、グリーン購入、省エネルギー対策、新エネルギーの開発が対策として行われています。

インテリア・建築の分野でも、環境対策が求められています。省エネルギーで生産して、建物を長期的に利用することによって、廃棄物を削減することを大切にしています。

ライフサイクルコスト、サスティナビリティを目指していき、コンバージョンを考えることが代表としてあげられます。

以上になります。

最後までご覧いただきありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました