家具に使われる主要木材の樹種について!外国産・日本産に分けて紹介!

家具




こんにちは!Kanaです。

家具に使われている木材には、たくさんの種類があります。外国の木材だったり、日本の木材だったり、高級な木材だったり色々あります。

個人的に木は、香りが好きだったりします。

あなたは、どんな木材の種類が好きですか?

よく使われる木材に絞って紹介していきます。

今回は、『家具に使われる主要木材の樹種について!外国産・日本産に分けて紹介!』と題して紹介します。




家具に使われる主要木材の樹種

まず、木は、針葉樹と広葉樹の2種類に大別されます!!家具の造作には主に広葉樹が使われます。

広葉樹の材質は、硬木が多く木肌は粗いが、美しく仕上げることができます(⌒∇⌒)

外国産の木材

●ソロモンマホガニー

主に、ニューギニアなどが原産地になります。

特徴は、重硬で切削面は光沢がでます。耐朽性にも秀でています。乾燥が難しい材料です。

用途としては、家具やキャビネット、造船内装、突板、床材など多方面に利用されています。

●サペリ

主にアフリカなどが原産地になります。

特徴は、細かい木目はアフリカンマホガニーと呼ばれているほどです。主として突板材として利用します。

用途は、タンスなど、和家具の外装材にも多く使用されています。

●チーク

主に、タイ、インドネシア、インド、ミャンマーなどが原産地になります。

特徴は、マホガニーと共に世界を代表する高級材です!比較的重く硬いが狂いが少ないです。強度、耐久性ともに高いです。耐朽性が特に高く、変形量は極めて少ないです!

用途として、造船(甲板・内装)に定評があります。家具、建築、車両、彫刻などに利用されています。高級な家具や建具、装飾用材としてもよく使われます。

●カリン

主に、タイなどの原産地があります。

特徴は、耐久性が高く、堅いため加工は難しいが、磨くと光沢がでて美しいです(^▽^)/高級材として世界に知られています。

用途としては、家具、器具など、主に高級装飾的用途に向けられています。その他にも、床板、唐木細工にも使用されているよ♪

●ローズウッド

主に、インドネシア、インドなどの原産地があります。

特徴は、重たく、強靭な材として世界的に知られています。紫壇として広く知られ、耐朽性も高く、赤紫色の木目は特に美しいです(^▽^)/

用途としては、工芸家具、額縁、内部造作、彫刻、その他高級装飾的用途に使われています。

●マホガニー

主に、中南米などの原産地があります。

特徴は、やや硬いが光沢があり狂いも少なく加工性が良いです。

用途としては、高級家具や仕上材として使われています。

●ブビンガ

主に、アフリカなどの原産地があります。

特徴は、重硬で、板目のからみ木目は特に有名です。

用途としては、家具材としてテーブルなどに突板や無垢材として使用されます。

●ウォールナット

主に、北米などの原産地があります。

特徴は、やや重く、強靭で弾力性に富み耐久性が高い。仕上面は滑らかで色が美しいです。

●オバンコール

主に、アフリカなどの原産地があります。

特徴は、変形量が少なく、細く流れるような木目はウォールナットに類似しています。

用途としては、家具材としてテーブルなどに突板として使用されます。

●オーク

主に、北米などの原産地があります。

特徴は、日本産のナラ、カシに似て、重くて硬いが、加工性は良いです。柾目面に虎斑模様が現われます。

●メープル

主に、北米などの原産地があります。

特徴は、材面は硬くやや加工しにくいです。美しく鳥の目にような斑点(バーズアイ)があります。

●シタン

主に、タイ、ラオス、ベトナムなどの産地があります。

特徴は、重く硬い材で光沢があります。仏壇などの高級家具、装飾材として使われる天然ものは、輸出禁止になっています!

日本産の木材

●ブナ

主に、日本、北米東部、ヨーロッパなどの産地があります。

特徴は、材質は緻密で硬く美しいです。材は白色で粘り強く弾性に富み、曲木、成形合板に適しています。水に弱いです!現在、家具に多く使用されています。

用途としては、紡績用木管、家具、曲木イスに使われています♪

●ナラ

主に、日本などの産地があります。

特徴は、耐朽性、加工性共に良く、木目の模様は非常に美しいです。現在、家具の多く使用されています。

用途としては、家具、運動具(木刀)、洋酒樽、器具、滑車、床板に使われています。

●タモ

主に、日本などの産地があります。

特徴は、加工しやすく、その美しい木目は家具材として特に適しています。

用途としては、洋家具、陳列棚、仏壇、運動具、楽器の胴、建具に使用されています。

●キリ

主に、日本、中国、台湾、米国などの産地があります。

特徴は、軽く軟らかい性質で、色は白く木肌が美しいです。伸縮、割裂などの狂いが少ない!吸湿性も少なく、音響の伝導にも適しています。

用途としては、琴、タンス、家具材に使用されています。桐ダンスは有名です!

●ケヤキ

主に、日本、中国、台湾などの産地があります。

特徴は、堅く、木理が美しいです。磨けば光沢が生じます(^▽^)/狂いも少ないです。保存性や強度に優れています。

用途としては、建築用装飾材、和家具として珍重しています。構造材にも使われています。

●ニレ

主に、日本などの産地があります。

特徴は、材は堅く、樹皮は強靭、木理明瞭で心材が淡褐色。辺材は黄白色!

用途としては、造作材、家具材、器具材に使用されています。

●マツ

主に、日本などの産地があります。

特徴は、心材は帯黄褐色。辺材は黄白色。材質が密で硬さは中庸。工作が容易です。

用途としては、建築、坑木、装飾建具、彫刻に使用されています。

●サクラ

主に、日本などの産地があります。

特徴は、緻密な材質だが硬さは中程度ですので、加工性がいいです。材面は美しい光沢をもち用途が広いです(^▽^)/

●シオジ

主に、日本などの産地があります。

特徴は、心材は褐色で、辺材は淡黄白色。木理は通直であるがやや粗いです。肌目は、美しいです(^▽^)/

用途としては、家具、建築材、細工物などに使用されています。

まとめ

今回は、『家具に使われる主要木材の樹種について!外国産・日本産に分けて紹介!』と題して紹介しました。

木は、針葉樹と広葉樹の2種類に大別されます!!家具の造作には主に広葉樹が使われます。広葉樹の材質は、硬木が多く木肌は粗いが、美しく仕上げることができます(⌒∇⌒)

外国産の木材では、ソロモンマホガニー、サペリ、チーク、カリン、ローズウッド、マホガニー、ブビンガ、ウォールナット、オバンコール、オーク、メープル、シタンなどが挙げらえます。

日本産の木材には、ブナ、ナラ、タモ、キリ、ケヤキ、ニレ、マツ、サクラ、シオジなどが挙げらえます。

以上になります。

最後までご覧いただきありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました