インテリアトレンド⁈お洒落なペール・ライトトーンを集めてみた‼

インテリア実務




こんにちは!Kanaです。

どんな空間がお洒落なのかわからない人やインテリアトレンドを取り入れたインテリアにしたい人にはおすすめです。

個人的なおしゃれなので個人差も楽しめていいですよ♪ちょっとした所にあるペールトーンとライトトーンが素敵ですよ♪

ちなみに、ペールトーンとライトトーンは女性的な色合いなので女子に特におすすめです!

ファションでいう、パステルカラーがこれに当てるかな♪

ぜひ楽しんで見て下さいね(^▽^)/

今回は、『インテリアトレンド⁈お洒落なペール・ライトトーンを集めてみた‼』と題して紹介します。

ちなみに、ペールトーン・ライトトーンがわからない方は、下の記事がおすすめです。

インテリアに出てくるトーンって何?ペール・ブライト・ビビットなどの9つをご紹介!
あなたはインテリアで出てくるトーンについてご存じですか?ビビットトーンやダークトーンなど聞いたことがあるのではないですか?インテリアだけでなく、服を買うとき、美容室でヘアカラーするときにわたしは聞きますね。 部屋のイメージが決まらない、カラーが決まらない、まとまらないと思ったときに使っていただけると嬉しいです。




お洒落なペールトーン・ライトトーンがある部屋

ライトトーンのピンクの壁紙が美しい1枚です!絵画とマッチしていて素敵なんですよね(⌒∇⌒)

絵画のブルーも引き締まった印象になっていいですね(^▽^)/ゴールドとホワイトとピンク、ブルーが素敵ですね♪

かわいい中にもどこか上品さもある1枚ですね!

 

ペールトーンのピンクが印象的な1枚です。クッションにペールトーンのブルーグリーンが素敵な子ども部屋になります。

子ども部屋ということもあり、とてもかわいらしい色合いになっています。

 

ソファがペールトーンのグリーンで素敵な1枚です。ナチュラルな色合いがいいですよね(o^―^o)ニコ植物の緑ともマッチしていていい色です!

個人的には、犬が気になってしょうがない1枚ですね( ´∀` )

 

 

キッチンのカウンターのチェアがペールトーンのピンクです。ブラックとホワイト、ブラウンの中にあるとすごくかわいく上品なチェアに見えてきませんか?

エレガントでクラシックなスタイルのインテリアで素敵な1枚ですね(^▽^)/

 

フットベンチがペールトーンのブルーで素敵です!ベッドヘッドにも同じブルーが使われていますね(^▽^)/

とても上品でラグジュアリーな空間かなぁと思います!

 

女性らしい空間になっていますね!モノトーンな空間に、大きめの窓があるのでカーテンがペール又は、ライトトーンだとすごく映えますね(^▽^)/

植物で緑を入れているのも女性らしさの中に、暖かさもプラスされていて素敵です。

 

ポスターとクッションにペールトーンのピンクをもってきた1枚です!藍色との相性もとてもいいですね(^▽^)/

かわいらしい空間に、ちょっと大人なポスターが甘さを抑えていますね♪

 

ペールトーンまたは、ライトトーンのブルーの壁紙が印象的な1枚です。

グレイッシュなブルーも相まって、落ち着いた空間にも見えますね( ´∀` )

 

ペールトーンの床、壁、カーテンがほぼ同じ色でまとまっています。チェアのペールピンクも上品な色合いですね(^▽^)/

このままだと、ぼやけて見える1枚ですがチェアの脚のウッドブラウンが全体を引き締めてくれていますね♪

 

ペールトーン、ライトトーンのピンク、ブルーのソファとチェアが素敵です!ペールトーンってゴールドとの相性が抜群なんですよね(^▽^)/

ピンクのソファは、ちょっとグレイシュが入っている感があるけど( ´∀` )光の当たり方でもかわりますしね!!

 

チェアがペールトーン、ライトトーンのピンクですね!女性らしくかわいいチェアです!チェアの脚と額縁のゴールドが素敵です。

素敵な1枚です( ´∀` )

 

これは、ペールトーン、ライトトーンのピンクのベンチが印象的な1枚です。

全体的に見ると男性的な空間になっていますが、ピンクのベンチがあることによって少し柔らかくなっている空間に思います。

まとめ

今回は、『インテリアトレンド⁈お洒落なペール・ライトトーンを集めてみた‼』と題して紹介しました。

おしゃれなペールトーン・ライトトーンのインテリアは、見ているだけで癒されます!絵画的な感じでインテリア写真を見ちゃいますねぇ(^▽^)/

ポイントポイントで真似をしてみるのもいいかもしれませんね!!

色使いとか参考にしてみるといいかもしれません!

随時更新していいきますね(⌒∇⌒)

以上になります。

最後までご覧いただきありがとうございました!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました