エレメント!テーブルリネン・調理器具・洋食器・ディナーウエアも解説!




キッチン

洋風のテーブルウェアでテーブルリネンってとても大切になってきます。テーブルリネンを学ぶことでパーティーなど来客が来るときに役に立つかもしれません。

調理器具であるキッチンツールを少しだけ学びませんか!実は、知らなかったことがわかるかもしれません。

また、食器の種類も実は、インテリアに関わりがあるんですよ!ディナーウエアって、言葉の通りだとディナーの時に使うものだと思いませんか?ディナーだけじゃないんですよ。

今回は、『エレメント!テーブルリネン・調理器具・洋食器・ディナーウエアも解説!』と題して紹介します。



テーブルリネンって何のことか?!

テーブルリネンは、レストランやホテルなどの商業施設だけでなく、家庭においてもその役割は大きくなります。ぜひ、パーティーなどに役立ててください。

テーブルクロス、ナプキン、プレイスマット、テーブルランナーなどがあります。

それぞれについて紹介します!

テーブルクロスについて

テーブルクロスは、テーブルを華やかに見せるだけではありません。食器やカトラリーがテーブルに直接当たるときの、傷の防止や音の緩和が主な目的とされています。

テーブルアクセサリーの中でもとても大切な要素をになっています。

フォーマル、セミフォーマル、カジュアルで違いがでてきます。

フォーマルなディナーでは、白い麻かダマスク織の綿を選び、セミフォーマルな場では、色のある無地の麻・綿・化織のクロスが主に使われます。カジュアルな場では、色柄のあるクロスも使われています。

低いほうから合成繊維、綿、麻の順で等級が設定されています。

ナプキンについて

ナプキンは、食事中に衣服の膝や胸などに食事の汚れやシミなどが付くのを防いだり、口を拭くためのものだとおもってませんか?

実は、そのほかにも食事が運ばれる前のテーブルの上のナプキンは、色や畳み方によって色どりを添えてくれます。ナプキンの形の装飾も楽しみになりますよね。

また、サイズはディナー用、ランチ用、ティー用、カクテル用の4種類あることを知ってましたか?

ディナー用が50×50㎝の正方形です。ランチ用は、40~45㎝角のが用いられています。ティー用は、20~30㎝角の小型になります。このサイズは、レースやオーガンジーのように繊細な素材が使われることもあります。カクテル用は、15㎝角です。

プレイスマットについて

個人のカトラリーを置くプレイスマット(ランチョンマット)。一人一人の食器をセットするスペースに使用されます。

テーブルクロスを使用するほどではない軽い場や、テーブルの素材の美しさを見せたい時に効果的です。

テーブルランナーについて

テーブルの中央に長辺を走るようにかけることからテーブルランナーといいます。

主にカジュアルな席で使われます。料理のほかに花やキャンドルを置くときに使用されることが多いです。素材や色、柄などさまざまなコーディネートが可能です!

約10~30㎝ほどの幅がある細長い布です。

調理器具について解説!

料理の下ごしらえに用いるキッチン器具を挙げていきます。

ターナー、レードル、スキンマー、スパチュラ、トング、ディッシャーの6つを紹介します。わからないものがありませんか?イラストを交えて紹介しますね。

ターナー

ターナーは、一般的にフライ返しといわれていますね(⌒∇⌒)ヘラ部分の切れ目で余分な水分や油を切るようにできています。

レードル

レードルは、一般的におたまといわれていますね(^▽^)/汁物料理やスープを扱う際に使用します。これは、言わずもがなですね!

スキンマー

スキンマーは、注ぎ口付きのおたまですね!孔あきタイプもあります。

スープや煮物などの中から具だけをすくい上げるのに便利です。天ぷらを揚げるときにも使用したりしますね!

スパチュラ

スパチュラは、調理用のヘラです。クリームなどの食品を扱うためのヘラです。種類は色々あります。

トング

トングは、盛付けに使うバネ式の挟みです。パン屋とかビュッフェ形式の店に置かれていますね(^▽^)/

先割れタイプもあります。

ディッシャー

ディッシャーは、食べ物をすくって半球形に盛り付ける器具です。アイスクリームやポテトサラダなどで使われていますね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました