ユニバーサルデザインって何?バリアフリーとの関連性を紹介!!

人間工学




こんにちは!Kanaです。

ユニバーサルデザインって何のことか知っていますか?バリアフリーとは何が違うのか気になりませんか(^▽^)/

「ユニバーサルデザインの7原則」についてなどを解説しました。

今回は、『ユニバーサルデザインって何?バリアフリーとの関連性を紹介!!』と題して紹介します。




ユニバーサルデザインとは

ユニバーサルデザインとは、「Universal」万人の、全員の、普遍的な、全世界のという意味の言葉と「Design」計画、立案、予定するという意味の言葉を合成された言葉です!

「すべての人のためのデザイン」「みんなにやさしいデザイン」ということになります。

年齢や身体能力に関わらず、できるだけ多くの人が美しいと感じ、なおかつ容易に使えるように製品や建築物をデザインする概念といえます。

もともとのユニバーサルデザインは、ニーズの増加やコストの削減を図ること、マーケットの拡大につなげるという考えをロン・メイスが中心となって、社会を変える戦略として考えたものです(^▽^)/

障害の有無にかかわらず、だれでもよりよいものを具体的に例示することで、人々の意識を変えようということです。

この概念を明確にするために「ユニバーサルデザインの7原則」があります。

1.公平な利用

2.フレキシブル

3.シンプルで直感的

4.わかりやすい情報

5.間違いの許容

6.少ない身体的負担

7.接近し使用するためのサイズとスペース

以上の7つが挙げられます。

バリアフリーとユニバーサルデザイン

バリアフリーは、特定の人(障害者、高齢者など)が社会生活する上で、障害(バリア)となるものを除去(フリー)するということで、特定の人の社会参加を困難にしている社会的、制度的、心理的な障壁を除去するという意味で用いられます。

その一方で、ユニバーサルデザインは、前述のような「障害」の有無に関わらず、年齢、性別、人種など関係なく、多様な人々が美しいと感じ、容易に使えるような製品や建築物、都市、生活環境を計画のはじめからデザインをする考えかたです!

近年、各地でユニバーサルデザインを揚げた取り組みが盛んになりつつあります。まだまだ、ユニバーサルデザインというには課題が多いが、デザイン事例集やガイドラインなどの登場するのもバリアフリーへの取り組み成果を社会的に共有して、発展させていこうとするためにあります。

言葉だけのユニバーサルデザインではなく、これまでややもすれば高齢者や障害者だけのデザインとして捉えられがちであったバリアフリーをしっかり考え直すことをまず手がけていく必要があります。

まちづくりとしてのユニバーサルデザイン

生活には、さまざまな建築が関係してきます。医療や健康レクリエーションに関するものから福祉・文化・教育・コミュ二ティなどの多岐にわたります。

個々の建築の計画と同時に面的なつながりを考慮したまちづくりが重要になってきました!

中心市街地に人が住むコンパクトなまちやいろんな人が一緒に利用でき、ふれあいができる生活空間の実現を目指すやさしいまちづくりが求められています。

まとめ

今回は、『ユニバーサルデザインって何?バリアフリーとの関連性を紹介!!』と題して紹介しました。

ユニバーサルデザインとは、「Universal」万人の、全員の、普遍的な、全世界のという意味の言葉と「Design」計画、立案、予定するという意味の言葉を合成された言葉です!

年齢や身体能力に関わらず、できるだけ多くの人が美しいと感じ、なおかつ容易に使えるように製品や建築物をデザインする概念といえます。

バリアフリーは、特定の人(障害者、高齢者など)が社会生活する上で、障害(バリア)となるものを除去(フリー)するということで、特定の人の社会参加を困難にしている社会的、制度的、心理的な障壁を除去するという意味で用いられます。

ユニバーサルデザインは、前述のような「障害」の有無に関わらず、年齢、性別、人種など関係なく、多様な人々が美しいと感じ、容易に使えるような製品や建築物、都市、生活環境を計画のはじめからデザインをする考えかたです!

以上になります。

最後までご覧いただきありがとうございました!

タイトルとURLをコピーしました