都市問題・集団規定・都市環境デザインについて紹介!!

建築




こんにちは!Kanaです。

都市問題って色々ありますよね(^▽^)/人口密度が大きくなることによってより多くの問題があります。住宅・住環境問題や交通問題があります。

都市を物理的に構成する要素として、道路、公園などのインフラもありますよね(⌒∇⌒)

今回は、『都市問題・集団規定・都市環境デザインについて紹介!!』と題して紹介します。




都市問題って具体的に何があるの?

都市の経済成長によって、都市の人口は増大していきました!これにより、都市には新たに、生活環境の機能などに対する要求が多様化し、その内容も高度化していきました( ´∀` )

都市に多くの人口が集中することになり、新たに多くの問題が発生してきました!その主なものを上げると、住宅・住環境問題や交通問題などがあります。

・住宅・住環境問題としては、住宅の狭小と密集や上下水道・生活道路・公演等の生活環境施設の不足があげられます。

・交通問題としては、交通の混雑や渋滞、事故の危険性、通勤遠距離化があります。

・環境問題は、河川や海の水質汚染、自動車の排ガス等による大気汚染、騒音、ごみの増大とその処分地問題等の都市公害などが挙げられる(^▽^)/

・災害問題には、地盤沈下、崖崩れ、中小河川の氾濫、爆発・延焼危険物や有害物の増加があります。

・防犯問題には、地域共同体としてコミュ二ティの変質や崩壊、伝統文化の断絶、都市犯罪や非行の増加がある。

・アメ二ティ・景観問題には、緑地・レクレーション空間の喪失、文化財の喪失、都市景観の画一化・無個性化・混乱などがあります。

・社会福祉環境問題には、老人や母子家庭や障害者などの生活行動環境の悪化などがあります。

都市問題は、適切に対応できないと結果的に衰退する都市も多く、生まれることになります

そのような都市では、都市全体の活力の低下と不安定さはもちろん、雇用の減少、失業者や貧困者の増加などがみられ、都市経営としての財政難、生活環境整備の延滞による社会不安の増加が深刻化する問題に直面することになります。

建築と都市について

都市を物理的に構成する要素として、道路、公園などのインフラとともに種々の建築物が大きな要素となっています。

建築基準法では、建築物に関して幅広い規定を設けています。

その規定の中には、単体規定という建築物自身の安全や衛生について規定され、その影響が基本的に建物の中やすぐ外側に限定され、敷地の外に影響を与えない条文である。

集団規定は、その建築物と都市との関係について規定されている条文があります。

集団規定の概要には、都市全体に何らかの影響を与えるものがあります。建築物を集団としてとらえる観点から、建築物に道路、用途、形態、市街地の防災などの面から必要な制限を加えるもので、都市計画区域内に限って適用される規定になります。

建築基準法の集団規定には、接道義務、用途規制、形態規制、防火規制、美観規制および地区計画があります。

・接道義務は、建築物は幅員が4ⅿ以上の道路に2ⅿ以上接することを義務づけるものになります。

・用途規制は、用途地域や特別用途地区などがあります。戸建て住宅と悪臭・騒音を発生する工場との混在は、双方にとって好ましくないので、それぞれ指定された地域に建築された地域に建築される用途規定によって良好な環境を実現するものであります。

・形態規制は、道路傾斜制限では道路上空に一定の空間を確保することで、通風、採光、延焼防止、防災などを図ります!建蔽率、容積率、高さ制限などがあります。

・防火規制は、防火・準防火地域などがあります。都市環境の火災に対する安全性を確保するために防火・準防火地域などの地域を定めて、建築物の外装材などの防火性能を確保します。

・美観規制および地区計画

以上があります。

都市環境デザインについて

美しい都市環境を実現するためには都市を構成する建築群などの群集や形態を重視して、都市環境、都市空間を適切に計画し設計することが求められました!!

建築が建築物の外部構造と内部構造を設計するのに対して、都市設計では、外部構造や建築間の公共空間を主な対象としいるとされています。

都市環境デザインにおいては自然環境のみならず、既存の都市や建築の有する歴史的な環境要素についても生かしたデザインが求められます。

まとめ

今回は、『都市問題・集団規定・都市環境デザインについて紹介!!』と題して紹介しました!

都市の経済成長によって、都市の人口は増大していきました!これにより、都市には新たに、生活環境の機能などに対する要求が多様化し、その内容も高度化していきました( ´∀` )

住宅・住環境問題、交通問題、環境問題、災害問題、防犯問題などがあります。

都市を物理的に構成する要素として、道路、公園などのインフラとともに種々の建築物が大きな要素となっています。

集団規定は、その建築物と都市との関係について規定されている条文があります。建築基準法の集団規定には、接道義務、用途規制、形態規制、防火規制、美観規制および地区計画があります。

都市環境デザインについては、美しい都市環境を実現するためには都市を構成する建築群などの群集や形態を重視して、都市環境、都市空間を適切に計画し設計することが求められました!

以上になります。

最後までご覧いただきありがとうございました!

タイトルとURLをコピーしました