木材の種類と特徴!?無垢材と合板・集成材の違い!家具塗装について




インテリアコーディネーターのKanaです。

木材には、たくさんの種類があります。

針葉樹は、ソフトウッドといわれ、建材によく使われます。
スギ(杉)、ヒノキ(檜)、パイン(松)があげられます。

広葉樹は、ハードウッドといわれ、家具、床材によく使われます。
タモ(アッシュ)、ナラ(オーク)、ブナ(ビーチ)、メープル(カエデ)、チェリー(サクラ)、ウォールナット(クルミ)、チーク、ケヤキがあげられます。

あなたは、どんな木材の種類が好きですか?

加工の種類としては、

  • 無垢材は、切り出されたままの木材(天然木)のことです。
    丸太を板状にスライスした1枚板のこと。
    用途として、床材(フローリング)、天井、外壁、内壁、家具材に利用されます。
  • 合板は、木材を薄くスライスしてできた単板を「べニア」といいます。
    薄い板材を繊維方向に交互に直交させて接着し、奇数枚張り合わせた板材です!
    用途として、家具、建具などに利用されています。
  • 集成材は、小さな木材を接着剤などで貼り合わせたもの。
    繊維方向に揃えて、長さ、幅及び厚さの方向に集成接着したものをいいます。
    用途として、建築材、造作材などに利用されます。

木材の家具の塗装では、

ウレタン塗装は、主剤のポリウレタン樹脂に、溶剤のエステルを加えた塗装です。

ラッカー塗装は、樹脂など揮発性の高いシンナー、アルコールなどで薄めた塗装をいいます。

オイルフィニッシュは、主に、亜麻仁油を原料とする塗料をいいます。

ポリエステル塗装は、主剤のポリエステルに硬化剤を混合して塗装すると、なかに含まれているパラフィンが浮き層をつくり、空気を遮断して、硬化反応をおこして、そのまま固化する塗装です。

UV塗装は、塗料の中に光と反応しやすい物質が入っていて、紫外線を当てると数秒で硬化するようにつくらた塗装です。

今回は、『木材の種類と特徴!?無垢材と合板・集成材の違い!家具塗装について』と題して紹介します。



主要木材の種類と特徴【針葉樹・広葉樹】

木は、針葉樹と広葉樹の2種類に大別されます!!

まずは、針葉樹から・・・。

針葉樹
英語で『ソフトウッド』と呼ばれています。
針のように先の尖った細い葉に特徴がある木です。
幹がまっすぐと伸びています!!

裸子植物です。
また、多くの樹種が常緑樹になります。

木目(年輪)が明瞭という特徴があります。


針葉樹の材質は、軟木が多く、木肌が美しく、繊細で柔らかいです。
そのため、凹みとかができる素材になってしまいます。

柔らかな光沢があり、手触りも柔らかいです。

家具よりは、建物によく使われます!!
造作材、建具材など建材に使用されます。

針葉樹は、柔らかく軽い木材だと覚えておいてください♪

 

ちなみに、なぜ軟らかいかというと生育が早いので、すぐに育つからです。
密度は低いです!

次は、広葉樹についてです。

広葉樹
英語で『ハードウッド』と呼ばれています。
平たく大きな広い葉に特徴がある木です。
幹が太くて曲がったりしています。また、枝分かれした落葉樹が多いです!

被子植物です。

木目(年輪)が変化に富んでいます。塗装することで美しくなります。


広葉樹の材質は、硬木が多く、木肌は粗いが、美しく仕上げることができる素材になっています。
硬木が多いが、キリのように柔らかい樹種も含まれます♪

耐久性があります。
そのため、家具、床材などに使われます。

 

広葉樹は、硬くて重い木材だと覚えておいてください♪

ちなみに、なぜ硬いかというと生育がすごく遅いので、ゆっくりと育つからです。
密度は高いです!

 

主な針葉樹、広葉樹の種類です。

針葉樹 スギ(杉)、ヒノキ(檜)、パイン(松)、アカマツ・クロマツ(赤松・黒松)、カラマツ(唐松)、ツガ(栂)、イチョウ(銀杏)、ヒバ
広葉樹 タモ(アッシュ)、ナラ(オーク)、ブナ(ビーチ)、メープル(カエデ)、チェリー(サクラ)、ウォールナット(クルミ)、ケヤキ、マホガニー、キリ、チーク、カツラ、クスノキ、カリン、バーチ(カバ)、クリ(チェスナット)

 

針葉樹、広葉樹で一般的に使われている木材の種類と特徴を紹介!!

針葉樹

針葉樹は、主にスギ(杉)、ヒノキ(檜)、パイン(松)があげられます。

スギ

ヒノキ科【スギ科】スギ属です。

原産地はアジア。

日本特産の代表的な樹種になります。
吉野杉、秋田杉、北山杉、天竜杉などが有名です!

心材と辺材の境界がわかりやすい。
心材は、黄色みを帯びた赤褐色やピンク色です。辺材は、白っぽいです。

年輪は明瞭です。

スギの特徴としては、

  • 木目がはっきりしている
  • 節が多い
  • スギ特有の独特のにおい
  • 気密性が低い
  • 断熱性、防腐性がある
  • 湿気を逃しやすい
  • 乾燥が容易で扱いやすい
  • やや軽軟(軽くて軟らかい)
  • 傷が付きやすい
  • 耐水性、耐久性が良い
  • 加工しやすい
  • 変形や狂いが生じにくい
  • 経年変化が楽しめる
  • 安価

 

用途として、構造材、造作材、床材、家具に多く使われています。

 

 

ヒノキ(檜)

ヒノキ科ヒノキ属です。

日本特産の代表的な樹種になります。
木曽材、吉野材などが有名です!

 

心材と辺材の境界がはっきりしていない。
心材は、白っぽい淡いピンク色や黄み系。辺材は、白色がほとんどで淡い黄白色のものもある。

ヒノキの特徴としては、

  • 耐久性(強度)が優れている
  • 耐水性、耐湿度がある
  • 木目が薄い
  • 上品な赤みがある
  • 暴れが少ない
  • 腐朽しにくく、保存性が優れている
  • 加工がしやすい
  • 表面に特有の光沢、艶がある
  • 強い芳香がある(気分が落ち着く香り)
  • 軽軟で肌目が緻密
  • 柔らかく滑らかな手触り
  • 高価

 

用途として、造作材、家具材などに利用されています。
建築用材として、最も優れた木材のひとつです。

パイン(松)

マツ科マツ属です。

50種類以上もある木材です!
日本の木材だと地松といいます。
地松は、赤松、黒松があります。

パイン材は、主に北欧、フランス、北米などから輸入しています。

心材、辺材は、種類が豊富でさまざまな色がある。

パインの特徴としては、

  • 節が多い
  • 美しい木目がある
  • 木肌が柔らかく加工がしやすい
  • 傷がつきやすく変形しやすい
  • 衝撃を吸収してくれる
  • 経年変化を楽しめる(色が変化する)
  • 香りが良い
  • 膨張、収縮、反りやすい
  • 触り心地が良い
  • 耐水性、耐久性が良い
  • 安価

 

用途として、主に建材、床材、家具などに使われている。

 

広葉樹

広葉樹は、主にタモ(アッシュ)、ナラ(オーク)、ブナ(ビーチ)、メープル(カエデ)、チェリー(サクラ)、ウォールナット(クルミ)、チーク、ケヤキなどがあげられます。

●タモ(アッシュ)

モクセイ科トネリコ属です。

タモは、日本などの東アジアが原産地です。
アッシュは、北米や欧州産のものがあります。

心材は、淡い褐色です。
辺材は、白っぽい色です。

タモ(アッシュ)の特徴としては、

  • しなやかさがある(折れにくい)
  • 弾力性がある
  • 肌目はやや粗い
  • 硬くて頑丈(耐久性がある)
  • 木目が美しい
  • 滑らかな触り心地
  • 比較的加工しやすい
  • 衝撃を吸収してくれる
  • 耐朽性が低い
  • 経年変化が楽しめる
  • やや高価

 

用途としては、家具材、建築材、造作材に使用されています。

 

●ナラ(オーク)

ブナ科コナラ属です。

ナラとオークは違う木材ですが、特徴が似ているので同じものとされることが多いです!!

ナラは日本、中国などのアジアやロシアに原産地があります。
オークは北米、欧州などの原産地があります。

心材は、淡い褐色です。辺材は、灰白色で年輪がはっきりしている木材です。

ナラ(オーク)の特徴としては、

  • 重くて硬い
  • 緻密で光沢がある
  • 反りが生じにくい
  • 耐久性に優れている(傷がつきにくい)
  • 耐水性がある
  • 加工性が良い
  • 柾目面には虎班と呼ばれる模様がある
  • 木目の模様が美しい
  • 化粧的な価値が高い
  • 比較的安価

 

用途として、家具、床材に多く使用されています。
また、建具などの建材にも使われています。

 

●ブナ(ビーチ)

ブナ科ブナ属です。

ブナは、日本などの原産地があります。
ビーチは、北米東部、ヨーロッパなどの原産地があります。

心材、辺材の両方とも全体的に白っぽいものや淡いピンク色です。

年輪は、やや明瞭になっています。

ブナ(ビーチ)の特徴としては、

 

  • 緻密でほどよく硬く美しい
  • しなやかで曲げに強い
  • 木肌が滑らか
  • 加工しやすい
  • 柔らかさがある
  • 木目がきめ細かい
  • 柾目面には虎班と呼ばれる模様がある
  • 化粧的な価値が高い
  • 粘り強く弾性に富んでいる

用途としては、家具に多く使用されています。
特に、曲木イスに使われています♪

他にも、合板、床材にも使用される。

●メープル(カエデ)

ムクロジ科カエデ属です。

メープルは、北米、欧州などの原産地があります。
カエデは、日本などの原産地があります。

心材は、赤茶色です。辺材は、白みがかった赤褐色。

メープル(カエデ)の特徴としては、

  • 硬くやや加工しにくい
  • 強度がある(衝撃に強い)
  • 肌触りがよい
  • 光沢がある
  • 波状の美しい縞模様がある
  • 美しい鳥の目にような斑点(バーズアイ)がある
  • 経年変化が楽しめる(飴色になる)

 

用途としては、家具材、床材、建築材、造作材などに使用されます。

 

●チェリー(サクラ)

バラ科サクラ属です。

サクラは、日本などの原産地があります。
チェリーは、北米などの原産地があります。

心材は、赤褐色。辺材は、黄白色のものや淡いピンク色。

 

チェリーの特徴としては、

  • 木目が緻密
  • 硬さは中程度(硬すぎず軟らかすぎない)
  • 耐久性がある
  • 強度がある
  • 水に強い
  • 加工性が良い
  • 肌触りが良い
  • 美しい光沢がある

 

用途としては、家具材、床材、建築材などに使用されます。

 

●ウォールナット(クルミ)

クルミ科クルミ属です。

ウォールナットは、北米などの原産地があります。

心材は、チョコレートのようなダークブラウンです。辺材は、淡色です。

ウォールナットの特徴としては、

  • やや重い(硬くて重厚感がある)
  • 濃淡のある横縞の木目が美しい
  • 加工性が良い
  • 接着性に優れている
  • 強靭で弾力性に富んでいる
  • 反りが生じにくい(狂いが少ない)
  • 滑らかで触り心地が良い
  • 耐久性、耐衝撃性に優れている
  • 色が濃いブラウンが美しい
  • 艶がある
  • 世界三大銘木の1つで高価

 

用途としては、家具、床材などに使用されています。

 

●チーク

シソ科チーク属です。

チークは、東南アジアなどの原産地があります。

心材は、濃い黄色。辺材は、黄白色。

チークの特徴としては、

  • 反りが生じにくい(狂いが少ない)
  • 湿気に強い
  • 耐水性がある
  • 耐久性がある
  • 独特の筋が入った美しい木目がある
  • 光沢がある
  • 加工がしやすい
  • 経年変化がある(黄みを帯びた色から黄褐色に)
  • 世界三大銘木の1つで高価

用途としては、家具、床材、建築材などに用いられます。

●ケヤキ

ニレ科ケヤキ属です。

日本、中国、台湾などの原産地があります。

心材と辺材の境目が明瞭です。
心材が橙色〜黄色みのある褐色系で、辺材は淡い黄色になっています。

ケヤキの特徴としては、

  • 硬く重たい
  • くっきりとした美しい木目がある
  • 木肌の見栄えが良い
  • 耐久性がある(強度が優れている)
  • 耐湿性に優れている
  • 耐水性に優れている
  • 狂いが少ない
  • 保存性がある
  • 磨けば光沢がでる

用途として、家具材、建築材、造作材などに使われています。

 

無垢材・合板・集成材

木材の加工の種類はたくさんあります。
その特徴をそれぞれ紹介します。

無垢材は、
“木”本来の温かみがあり、あじわい深い木材です。
加工されていない木材!

合板は、
加工が加えられた木材!

普通合板は、単板、積層合板。
特殊合板は、パーティクルボード、ランバーコア、フラシュパネル、集成材があります。

 

無垢材、合板、集成材を紹介!!

無垢材

無垢材は、切り出されたままの木材(天然木)のことです。
丸太を板状にスライスした1枚板のこと。

無垢材の特徴として、

  • 加工なし(接着剤が含まれない)
  • あたたかみがある
  • 肌触りがよい
  • 自然な木目が美しい
  • 狂いが起きる
  • 反りや割れが起きる
  • 耐久性が優れている
  • 重量が重い
  • 経年変化がある
  • 比較的高価(合板と比べる)

 

用途として、床材(フローリング)、天井、外壁、内壁、家具材に利用されます。

 

合板(プライウッド)

合板は、木材を薄くスライスしてできた単板を「べニア」といいます。
薄い板材を繊維方向に交互に直交させて接着し、一定の厚さにして奇数枚張り合わせた板材です!

合板の特徴として、

  • 強度が高い(割れが生じにくい)
  • 縮み、反りが強い
  • 接着剤を含んでいる
  • 軽い
  • 広い面積がとれる
  • 積層された模様がある
  • 比較的安価(無垢材と比べる)

 

用途として、家具、建具などに利用されています。

 

集成材

集成材は、小さな木材を接着剤などで貼り合わせたもの。
2~4㎝厚の挽き板(ラミナ)や小角材を繊維方向に揃えて、長さ、幅及び厚さの方向に集成接着したものをいいます。

木と木をつなげて張り合わせたもの。
無垢の木が長さ方向、幅方向につなげられたものをいいます。

人工の木材です。

集成材の特徴として、

  • 強度がある(割れが生じにくい)
  • 無垢材に比べて大きいサイズに可能
  • 接着剤を含んでいる
  • 比較的高価(無垢材と比べる)

 

用途として、建築材、造作材などに利用されます。

 

塗装

木材の塗装では、様々な種類があります。

その中でも、家具の塗装でよく使われる5つあげていきます。

ウレタン塗装

正式には、ポリウレタン樹脂塗装のことです。

主剤のポリウレタン樹脂に、溶剤のエステルを加えた塗装です。
木材のあたたかさはなく、冷たさを感じる質感です!

木材なのに、比較的人工的に感じやすくなります。

 

この塗装の特徴は、

  • 耐久性(傷に強い)
  • 耐水性、耐熱性(水・汚れに強い)
  • 耐薬品性
  • 密着力
  • 乾きが早く
  • 塗膜が強い
  • 反りや割れが起こりにくい
  • 光沢がある(つや消しの塗装もある)
  • メンテナンスが不要(修理が難しい)

 

現在の家具に使用している塗装の中では、価格、品質ともに高級品とされている。
大量生産の家具にもよく用いります。


この性能を利用して、多くの家具に使用されています。

 

ラッカー塗装

樹脂など揮発性の高いシンナー、アルコールなどで薄めた塗装をいいます。

合成樹脂塗料で、古くから使われています。

 

この塗装の特徴は、

  • 滑らかさがある
  • 柔らかさがある
  • 木の肌触りがある
  • 日光に弱い(変色する)
  • 光沢がある(ウレタンよりはない)
  • 耐水性、耐熱性が低い(ウレタン塗装と比べて)
  • 耐薬品性に弱い
  • 揮発性が高い(ウレタン塗装と比べて)

 

国内ではほどんど使われない塗装で、アンティーク家具などで使われます。

 

オイルフィニッシュ(オイル塗装)

主に、亜麻仁油を原料とする塗料をいいます。
他にも、植物由来のオイルを主原料にしています。

よく使われる樹種には、チーク、ウォールナット、ローズウッドがあります。

 

この塗装の特徴は、

  • 滑らかさがある
  • 木目が際立つ
  • 木の自然な色味が出る
  • 傷がつきやすい
  • 汚れやすい
  • 耐水性が少ない
  • 反れや割れが起こりやすい(ウレタン塗装に比べて)
  • メンテナンスが必要(1〜2年に1度ほど)

 

塗装が目立たないので、無垢材の家具によく使われます。

北欧で開発した仕上げで、木材の中にオイルを浸透させ、表面に塗膜をつくりません!!

モダンでオーソドックスな家具になりますよ♪

 

ポリエステル塗装

主剤のポリエステルに硬化剤を混合して塗装すると、なかに含まれているパラフィンが浮き層をつくり、空気を遮断して、硬化反応をおこして、そのまま固化する塗装です。

シンナーのような溶剤を含まないので、使用した量がそのまま固まり、100%樹脂塗装といわれています。

木材の質感を出にくい!!

 

この塗装の特徴は、

  • 鏡面に仕上がる(光沢がある)
  • 塗膜が厚い
  • 傷に弱い
  • 耐候性に秀でている(直射日光、温度に強い)
  • 耐水性、耐湯性に優れている
  • 耐薬品性が良い
  • 衝撃に弱い

 

ピアノの塗装によく使われていて、高級感や光沢感に優れています。

 

UV塗装

UVは、ウルトラバイオレットの略です。
紫外線硬化塗料ともいいます。

塗料の中に光と反応しやすい物質が入っていて、紫外線を当てると数秒で硬化するようにつくられています。

 

この塗装の特徴は、

  • 傷がつきにくい(塗膜が硬い)
  • 透明感がある
  • 耐候性が良い
  • 耐衝撃密着性が良い
  • 耐水性、耐湯性が良い
  • 耐薬品性がある
  • 難燃性がある
  • 耐摩耗性が強い
  • 鏡面のような光沢がある(ウレタン塗装と比べて)
  • メンテナンスが難しい
  • ・やや高価

 

硬い塗膜を生かして、学習机やテーブルの天板に使われることが多いです。

ナチュラルよりは、モダンな仕上がりになります。
無垢材のものには使えない塗装です。

 

まとめ

今回は、『木材の種類と特徴!?無垢材と合板・集成材の違い!家具塗装について』と題して紹介しました!!

針葉樹は、ソフトウッドといわれ、建材によく使われます。
スギ(杉)、ヒノキ(檜)、パイン(松)があげられます。

広葉樹は、ハードウッドといわれ、家具、床材によく使われます。
タモ(アッシュ)、ナラ(オーク)、ブナ(ビーチ)、メープル(カエデ)、チェリー(サクラ)、ウォールナット(クルミ)、ケヤキがあげられます。

加工の種類としては、

  • 無垢材は、切り出されたままの木材(天然木)のことです。
    丸太を板状にスライスした1枚板のこと。
    用途として、床材(フローリング)、天井、外壁、内壁、家具材に利用されます。
  • 合板は、木材を薄くスライスしてできた単板を「べニア」といいます。
    薄い板材を繊維方向に交互に直交させて接着し、奇数枚張り合わせた板材です!
    用途として、家具、建具などに利用されています。
  • 集成材は、小さな木材を接着剤などで貼り合わせたもの。
    繊維方向に揃えて、長さ、幅及び厚さの方向に集成接着したものをいいます。
    用途として、建築材、造作材などに利用されます。

木材の塗装では、様々な種類がありますが、家具の塗装でよく使われる5つあげていきます。

ウレタン塗装は、主剤のポリウレタン樹脂に、溶剤のエステルを加えた塗装です。

ラッカー塗装は、樹脂など揮発性の高いシンナー、アルコールなどで薄めた塗装をいいます。

オイルフィニッシュは、主に、亜麻仁油を原料とする塗料をいいます。

ポリエステル塗装は、主剤のポリエステルに硬化剤を混合して塗装すると、なかに含まれているパラフィンが浮き層をつくり、空気を遮断して、硬化反応をおこして、そのまま固化する塗装です。

UV塗装は、塗料の中に光と反応しやすい物質が入っていて、紫外線を当てると数秒で硬化するようにつくらた塗装です。

以上になります。

最後までご覧いただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました