ル・コルビュジェについて!建築・日射・家具を紹介します!!

建築家




こんにちは!Kanaです。

ル・コルビュジェは、他の建築家に多大な影響を与えました!建築物だけでなく、さまざまな分野での活躍があり、寸法など基準を作った人なのでインテリアにおいても大切な人です!

有名な家具には、LC2ソファ、LC1スリングチェア、LC6ダイニングテーブルが有名ですかね(^▽^)/

今回は、『ル・コルビュジェについて!建築・日射・家具を紹介します!!』と題して紹介します(^▽^)/




ル・コルビュジェ

建築物

1925年には、ラ・ロッシュ・ジャンヌレ邸は、このスケッチには「とてもやさしい」と添え書きされています。平面形状の線の輪郭はとても複雑に見えるが、異なる内部のヴォリュームをつなげていき、そのまま形が外部の凸凹に現れています。線で囲まれた面が与えられて、建築の外部のヴォリュームができました。

1927年には、ガルシュの家というコルビュジェが「とても難しい」といいました。一見単純な矩形の線に囲まれた平面形状です!しかし、異なる形状の部屋を純粋な輪郭の中にきれいに収めるのはとても難しいという意味だっただろう(^▽^)/さらに高さが与えられて、純粋直方体のヴォリュームとなります。

1931年には、サヴォア邸が設計され、正方形の中を区切る線は内と外を区分ける壁である。ハッチの面がインテリアで、白地の面が外部テラスとなります。テラスもまた外周の壁に囲まれているため、外部でありながら内部のイメージも醸し出しています。

サヴォア邸には、2階中庭から屋上へ上がるスロープがあります。スロープは、上下階をスムーズに連結するため、空間が一体として認識されます。そのため、コルビュジェはこの傾斜を好み、多くの建築の中に用いています。

難点として、勾配を緩くすると、面積が多く必要になることです。ですが、スロープは、バリアフリーに欠かせない存在です。サヴォア邸には、階段もありますが、やはり上りき下りの主役はスロープですね(^▽^)/

ちなみに、サヴォア邸のスロープは6分の1勾配になっています。1階から屋上まで昇ることができるが、2階から屋上へ昇るスロープは屋外になっています。

サヴォア邸は、20世紀のモダニズム建築で、装飾を取っ払い、人間の生活機能を満足させるための建築という点で、建築の新しい可能性をどのように提示したのかを今日に伝えています。

日射のコントロール

コルビュジェは、マルセイユのユニテ・ダビタシオンにおいての日射の取り込みを検討しました(⌒∇⌒)

夏は日差しが暑いので、太陽高度が高いことを利用して庇のようなものを窓の外につけることで日射を遮ります。

冬は太陽高度が低いため、庇の下から明るく暖かい日差しを部屋の奥まで取り込むことができます。

太陽高度との関係から庇のような横型のものと、一部縦型のコンクリート製ルーバーが付けられました。光をコントロールする窓ですね(^▽^)/

コルビュジェは、ブリーズソレイユという、遮光のために窓の外に設けられたルーバーで建築と一体化して設計されたものです。

コルビュジェが命名し、好んで用いていた環境制御装置でした。

家具

屋内設備の設計理念に、「建築とは、内部を移動しながらシークエンスを体験する建築的プロムナードである」というコルビュジェの言葉に表れています。

空間を分節し、機能を与えるものとして、家具を「屋内設備」と呼び、建築を機能させる設備という意味をこめていました。

1929年のサロン・ドートンヌでル・コルビュジェ、ピエール・ジャンヌレそして、シャルロット・ぺリアンが企画した「生活調度品」展かあら、彼のめざした屋内設備があります。

1925年には、カジェ・スタンダールという収納棚のシステムができました。コルビュジェは「家庭内の活動に必要なさまざまな要素を分類整理するものである」と説明しました。基本は、正方形のボックス形状で、自由に並べて空間を構成することができます。

部屋の中央に置けば間仕切り壁のように空間を分節し、壁面に組み込めばその場所に必要な機能を付与することができます。

1928年には、LC2ソファという、コルビュジェの一連のスチールパイプ家具LCシリーズの中の1つです。構造とクッション部分を明確に分離しています。大きなクッションは、座る人の個体差を呼吸し、最大の安らぎを提供します。

1929年には、LC1スリングチェアは、座る人に合わせて背もたれが自由に動くイスにしました。肘掛けは2点で支持され、回転するベルトがかけられています。

●LC1スリングチェア

【お得クーポン配布中】 【受注生産】輸入家具LC1 スリングチェア/バスキュラントチェア【PONY】 【送料無料】人気 おしゃれ tv台 アンティーク家具 モダン家具 クラシック家具 ヨーロッパ フレンチ家具 イタリア家具 木彫 高級家具 安い

価格:71,500円
(2020/5/12 01:43時点)

同年には、LC6ダイニングテーブルという飛行機用の楕円形断面のパイプを用いています。ここでも脚部と天板の分離が特徴的です(⌒∇⌒)天板の高さを調整できる機能があります。

また同年には、LC7スウィベルチェアという回転機能を備えた肘付きのイスができました。

コルビュジェはすべての家具をシャルロット・ぺリアン(建築家・デザイナー)とピエール・ジャンヌレ(コルビュジェの従兄弟)と協力でデザインしました。

支持するもの(構造)と支持されるもの(仕上げ)の明確な分離が特徴的です!人間の動作や個体差に応じて適応する機能を持たせました。

モデュロール

コルビュジェはモデュロールを「人体の寸法と数学との結合から生み出された、モノをつくる道具」と定義しました!

コルビュジェは、人間が手を挙げた高さを基準の寸法として、その全体を3つに分けました(⌒∇⌒)「手の先から頭まで」、「頭からへそまで」、「へそから足まで」に分かれています!

当初は、フランス人の平均身長1750㎜を基準にしていたが、のちにさまざまな検討を加え、アングロサクソン系の平均身長1830㎜を基準にするように変えています。

このモジュールの比例体系をコルビュジェはさまざまな建築や都市の設計に応用しました。

かつて、人々が形の美しさを数量比しようと黄金比を求めたように、コルビュジェもモジュールによって人間的な空間を体系化しようとしました( ´∀` )

 

まとめ

今回は、『ル・コルビュジェについて!建築・日射・家具を紹介します!!』と題して紹介しました。

ル・コルビュジェの建築物として有名なのは、1931年には、サヴォア邸が設計され、正方形の中を区切る線は内と外を区分ける壁である。

サヴォア邸には、2階中庭から屋上へ上がるスロープがあります。スロープは、上下階をスムーズに連結するため、空間が一体として認識されます。そのため、コルビュジェはこの傾斜を好み、多くの建築の中に用いています。

コルビュジェは、マルセイユのユニテ・ダビタシオンにおいての日射の取り込みを検討しました(⌒∇⌒)

夏は日差しが暑いので、太陽高度が高いことを利用して庇のようなものを窓の外につけることで日射を遮ります。冬は太陽高度が低いため、庇の下から明るく暖かい日差しを部屋の奥まで取り込むことができます。

コルビュジェは、ブリーズソレイユという、遮光のために窓の外に設けられたルーバーで建築と一体化して設計されたものです。

家具には、1929年のサロン・ドートンヌでル・コルビュジェ、ピエール・ジャンヌレそして、シャルロット・ぺリアンが企画した「生活調度品」展かあら、彼のめざした屋内設備があります。

コルビュジェはすべての家具をシャルロット・ぺリアン(建築家・デザイナー)とピエール・ジャンヌレ(コルビュジェの従兄弟)と協力でデザインしました。

コルビュジェはモデュロールを「人体の寸法と数学との結合から生み出された、モノをつくる道具」と定義しました!

このモジュールの比例体系をコルビュジェはさまざまな建築や都市の設計に応用しました。

以上になります。

最後までご覧いただきありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました