フランク・ロイド・ライト

インテリアの歴史

【明治・大正時代】洋風建築・中廊下式住宅など建築・住宅や建築家について!

明治から大正時代には、西洋との関わりがなされて、関東大震災によって鉄筋コンクリートが普及していく時代になってきました。洋風建築では、工部大学校に招かれたジョサイア・コンドルが教育に携わりました。鹿鳴館、ニコライ堂、三菱一号館などいくつもの建築の設計に携わった。中廊下式住宅の特徴は、中廊下を挟んで日当たりの良い南側に家族の生活空間を、北側には水回りと使用人の生活空間を配置しました。
建築家

フランク・ロイド・ライトについて!建築・家具・プロダクツ紹介!!

フランク・ロイド・ライトは、日本の浮世絵が好きだったりと、日本好きだったので親近感がもてる建築家です(o^―^o)ニコ ライトの建築といえば、何を思い浮かべますか? 私は、カウフマン邸が一番に思い浮かべちゃいますねぇ!落水荘のことですよ♪ 後は、プレイリー・スタイルが有名ですかね(^▽^)/
タイトルとURLをコピーしました