色彩・カラーに関するインテリア用語をイラストと合わせて紹介!!

インテリア用語




こんにちは!Kanaです。

インテリアに出てくる用語の中で、知っているようで知らないような用語をイラストを交えて紹介していきます。

色彩・カラーについて学んでいきましょう♪

▼ユーキャン資料請求はこちら▼




色彩・カラー用語

色の三属性

一般的に色相、明度、彩度の3つの尺度によって表されます!!

色相

赤や青などの色合いの違いのことで、イメージを決める中で、最も重要な役割があります。

色相は、全て有彩色です!!

また、似た色を並べていくと環状になることから「色相環」と呼ばれています。
色味の方向性を示して並べています。

 

明度

色の明るさの度合いのことで、最も高い明度の色が「白」で、最も低い明度の色は「黒」です!!

また、明度が高くなると色が明るくなり、白っぽくなります。

明度を下げていくと色の明るさがなくなり黒っぽくなります。

 

彩度

色の鮮やかさの度合いのことで、灰色を含まず濁りのない色は彩度が高く、灰色を含んで濁った色は彩度が低いです!

彩度が高いほど目を惹く効果があります。

また、各色相の中で最も彩度の高い色を純色といいます。

 

無彩色・有彩色

・白、灰色、黒のように色味がない色を無彩色。
・無彩色以外の色で色味がある色を有彩色。

表色系

マンセル表色系

色相、明度、彩度を尺度として構成された表示システムです。

色相(Hue)は、R(赤)・Y(黄)・G(緑)・B(青)・P(紫)の5色の基本色相に、YR(黄赤)・YG(黄緑)・BG(青緑)・BP(青紫)・RP(赤紫)の5つの中間色相を加えて10色とし、これらをさらに10色に分割した100色にわかれています。

明度(Value)は、完全な黒を0として完全な白を10として、この間を等間隔に11段階にわけられています。

彩度(Chroma)は、無彩色を0として、数値が上がるにしたがって鮮やかさが増していく。
最高値は、色相、明度によって異なります。

 

オストワルト表色系

基本色相は、Y(黄)・O(橙)・R(赤)・P(紫)・U(藍)・T(青)・SG(青緑)・LG(黄緑)の8つをさらに3分割した24の色相でできています。

明度、彩度は、白・黒・純色の配分によって表しています。

 

CIE表色系

 

 

光の三原色であるR(赤)、G(緑)、B(青)を基準として、これを加法混合することで全ての色を表しています。

一般的には、色度図を用いることが多いです。
主に、工業分野で広く用いられています。

日本では、工業規格(JIS)で採用されています。

PCCS

コメント

タイトルとURLをコピーしました